こんにちは!鈴木隊員です。
今回のブログでは私の趣味に関することを書きたいと思います。

私は将棋が趣味で子供のころは、本気で「将棋のプロになるんだ!」と言っていた時期があります。前職で東京で勤務していた頃は、仕事の合間を見て、時間ができたときに千駄ヶ谷にある日本将棋連盟の2Fにある道場に顔を出していました。

ちなみに写真が千駄ヶ谷にある日本将棋連盟です。

2Fが将棋道場になっていて子供から年配の方まで将棋を楽しんでいます。

人数はそんなに多くはありませんが、女性愛好家の方もいらっしゃいます。4Fや5Fにはプロのタイトル戦も行われる対局室があります。

私は千駄ヶ谷の将棋道場ではアマチュア3段で指してました。

 IMG_0722_081 

山形は天童市が将棋駒の生産日本一で非常に有名ですね。

将棋のタイトル戦なども必ずといっていいほど、天童市での開催があります。

私も協力隊になったら、是非、将棋にかかわる活動もしてみたいと考えていました。 

4月の町の広報に載せていただいた最初の自己紹介で「趣味は将棋で、よく将棋道場などにも顔を出してました。将棋が好きな方がおられましたら、ぜひ一声おかけください。」
と自己紹介させていただきました。

うれしいことに、広報が出て間もなく、早速、町内の方が役場まで挨拶に来ていただき「是非、一緒に活動しよう。」と言って頂いたり、「今度、家に遊びに来て1局指しましょう」と言って頂きました。非常にうれしい限りです。

 

少し前に、新庄にある、日本将棋連盟の新庄支部にも顔を出して、会員に入会してきました。

 

右側が対局中の私です。

写真 

 

右は声をかけていただいた、最上町在住の細谷さん。アマチュア3段の腕前です。

 写真 (2)

 

TVゲームや携帯ゲーム全盛の時代ですが、将棋は、

①お年寄りから、お子さんまで一緒に楽しめる文化である。

②子供のころ集中力をつけるのに役にたった。(囲碁もそうですが、将棋も相手の手をかなり先まで読みます。今では何10手先まで相手の指し手を読みます。)

 

是非、最上町でも将棋での同好会活動や、お子さんから高齢者の方々までの文化交流活動、そして可能なら子供たちへの指導などできたらいいなと考えています。

このブログでも将棋に関する話が多くなってしまうかもしれません... 😀

てんさん

てんさん について

・(名前):鈴木 天民(スズキ テンミン) ・(出身地):福島県いわき市 ・(ニックネーム):名前の“天”をとって「てんさん」 ・(趣味):将棋(好きな人声をかけてください!)、映画鑑賞、スキー、パソコン自作(パーツを買ってきて組み立ててます)・ (好きな女性のタイプ) : ①思いやりのある人②ゆったりペースの人  ・(好きな女性の仕草) : 笑顔 (一言メッセージ):協力隊活動が終了するまでに最上町に持続可能なものを残し、自分自身も最上町から様々なものを学びたいです。その活動を通して活動終了後、自分で起業できるすべを見つけられれば、うれしいです。

コメント停止中

投稿ナビゲーション