来る6/22(土)、6/23(日)に「最上地域森の感謝祭」~復興絆の森づくり~というイベントが開かれます。

未来を担う子供たちと東日本大震災の被災地のみなさん、そして森林環境の保全に携わる方々が集い、森づくり活動等を通して復興”支援”にむけた絆づくりを深めながら、森林保全や里山文化の継承等取り組み、”みんなで支える新たな森づくり”を推進していくことを目的としています。

 

当日の記念式典、記念植樹の前に行われるのが「森の音楽会」

町外の緑の少年団や小学生、町内の最上町コーラス隊「絆」や小中学生など、

総勢なんと275名の大合唱が行われます!

また、被災地からは最上町と友好都市である大船渡市の市長さんをはじめ、絆づくり事業を通して交流を深めている気仙沼市本吉町前浜地区の方々など、総勢90名近い方々にも参加いただきます。

合唱はNHK復興支援ソング「花は咲く」や「さんぽ」「ビューティフルネーム」などおなじみの曲ばかり。
非常に楽しみです!

「森の音楽会」MCをつとめられるのが、”堺田分水嶺春のコンサート”でもお世話になった”池田弦”さん。オペラ歌手、合唱指導者として全国で活躍する弦さんによる笑いが絶えない楽しい練習も始まっているそうです。

 

写真は急ピッチで進められている会場の雰囲気です。

IMG_1323

 

もうひとつ、楽しみなのが全体の司会進行を子供たちが担当することです。以前の記事まじゃれ放送でもご紹介させていただきましたが、当日の感謝祭の様子は、ミニFMで「まじゃれ放送局」と、赤倉小学校の生徒さんによる「えがお放送局」から放送されます。

当日ラジオ持参して参加するのもオススメです!

「えがお放送」は「地域に子供たちの声が聞こえたらもっと元気が出るのではないか。そして、子供たちも地域を愛し、誇りを持ってくれるのではないか」という思いから始まった放送です。この言葉は放送局長の児童さんの言葉です。とても素敵ですね。

 私もスタッフの一人として参加させていただきます。

是非、多くの方の参加をお待ちしております。 

平成25年度最上地域森の感謝祭(表)

平成25年度最上地域森の感謝祭(裏)

 

てんさん

てんさん について

・(名前):鈴木 天民(スズキ テンミン) ・(出身地):福島県いわき市 ・(ニックネーム):名前の“天”をとって「てんさん」 ・(趣味):将棋(好きな人声をかけてください!)、映画鑑賞、スキー、パソコン自作(パーツを買ってきて組み立ててます)・ (好きな女性のタイプ) : ①思いやりのある人②ゆったりペースの人  ・(好きな女性の仕草) : 笑顔 (一言メッセージ):協力隊活動が終了するまでに最上町に持続可能なものを残し、自分自身も最上町から様々なものを学びたいです。その活動を通して活動終了後、自分で起業できるすべを見つけられれば、うれしいです。

コメント停止中

投稿ナビゲーション