鈴木隊員です。 

6/23(日)に『平成25年度最上地域森の感謝祭~復興絆の森づくり~』が最上町堺田にある奥羽山(芭蕉の森)にて行われました。協力隊もスタッフとして参加してきました!

 

当日、始まる前の会場の様子です。参加人数はスタッフ、関係者まで含めるとなんと約800人!すごい人数でした。

IMG_1365

 

全体の司会進行を子供たちが担当したのも、この植樹祭の素晴らしいところだと感じました。以前の記事まじゃれ放送でもご紹介させていただきましたが、当日の司会進行はミニFMで「まじゃれ放送局」と、赤倉小学校の児童さんによる「えがお放送局」から放送されました。私もポータブルラジオを持って参加。本部から遠い場所に移動した時は、ラジオの周波数を合わせてラジオからも会場の様子を聞いていました。

写真は「まじゃれ放送局」と赤倉小「えがお放送局」の皆さんです。

 IMG_1349

 

オープニングの「森の音楽会」MCで会場を大いに盛り上げたんが”池田弦”さん。

カウンターテノール歌手、合唱指導者・指揮者として全国で活躍する池田さん。非常に多忙な日々の中でも、被災地や病院を訪問してのコンサートも積極的に行っておられます。

池田さんの夢は”いつか最上町で第9の大合唱をすること”とおっしゃってました。最上町で行われる第9の大合唱、考えただけでワクワクします。是非、聞いてみたい! 

IMG_1377

 

「森の音楽会」は大盛況で、素晴らしい大合唱♪でした。

本当に素晴らしい♪感動でした!

当日、来られなかった方のためにYouTubeに当日の様子をアップしました。

是非、ご覧ください。「森の音楽会」Part1です。

 

 「森の音楽会」Part2です。

 

被災地からは最上町と姉妹友好都市である大船渡市のみなさん、絆づくり事業を通して交流を深めている気仙沼市本吉町前浜地区のみなさん、伊達市のみなさんなど岩手、宮城、福島の被災地3県から、約100人の方々にも参加いただきました。

下記の写真は森の音楽会の後の記念式典の様子です。

IMG_1413 

全国育樹祭プレイベントリレーも行われました。

IMG_1425

  

記念式典の後には植樹が行われました。 町内外から数多くの緑の少年団が参加してくれていました。みんな植樹を楽しんでましたよ。

IMG_1434

IMG_1432 

植えられたのは、ケヤキ、コナラ、イタヤカエデなど何と1000本!

IMG_1436 

 

出展・体験コーナーも多くありました。

チェーンソーアートで「松尾芭蕉」をつくるパフォーマンスなど、思わず見入ってしまったものもありました。

写真は体験コーナーの木製ホルダーづくりの様子です。

IMG_1444 

 

最上町は全体の84%が森林という特徴のまちです。

そして”人と人との絆”を大切にするまちです。

被災地との絆づくり交流も積極的に行っているまちです。

 

素晴らしい植樹祭イベントに参加できて、改めてそれを実感した一日でした。

 

てんさん

てんさん について

・(名前):鈴木 天民(スズキ テンミン) ・(出身地):福島県いわき市 ・(ニックネーム):名前の“天”をとって「てんさん」 ・(趣味):将棋(好きな人声をかけてください!)、映画鑑賞、スキー、パソコン自作(パーツを買ってきて組み立ててます)・ (好きな女性のタイプ) : ①思いやりのある人②ゆったりペースの人  ・(好きな女性の仕草) : 笑顔 (一言メッセージ):協力隊活動が終了するまでに最上町に持続可能なものを残し、自分自身も最上町から様々なものを学びたいです。その活動を通して活動終了後、自分で起業できるすべを見つけられれば、うれしいです。

2 Thoughts on “「復興絆の森づくり」植樹祭

  1. 花菜 on 2013年6月27日 at 8:30 PM 発言:

    初めてコメントさせて頂きます。
    最上町出身の私ですが、このようなHPが存在することに初めて気づきました。最上町を元気にしようという熱い思いを持った方々がいてくださることになんだかとても嬉しくなりました。これからも素敵な活動を続けて下さい。応援しています。

    • てんさん てんさん on 2013年6月28日 at 8:40 AM 発言:

      花菜さん
      あたたかいメッセージありがとうございます!
      今回の復興絆の森植樹祭のイベントは、本当に素晴らしい植樹祭でした☆
      全国的にも見ても、このような素晴らしい植樹祭を行っているところは珍しいのではないでしょうか。
      協力隊という仕事は様々な部分で、最上町の素晴らしさを学べる機会が多いので、本当に貴重な体験をさせてもらっています!
      今後もこのような情報をどんどん発信していきたく、よろしくお願いいたします。
      ありがとうございます!

投稿ナビゲーション