縦走とは…

 

尾根伝いに山を歩き、一度で、いくつかの山頂を踏破する登り方。

DSCN2000

そう!まだ、見えぬあの尾根沿いを踏破するのである。

 

そして話は、縦走の昨夜から始まる…

藤七温泉を出た一向は、明日の早池峰山のため麓の山小屋を目指した。

 

山小屋に入れるのは13時から、

日は3連休の初日の夜、

翌日は天気良好との情報も、

 

誰が考えても、たくさんの登山客が訪れるであろうと思うところ・・・

我々は、大丈夫だ!!とたかをくくって6時ごろに麓に到着!!

 

 

あんまり人いねなー!!やっぱ大丈夫だ!!

山小屋目指して、さらに車で登ります。

 

山小屋到着!!

そして、人がいっぱい!! 

 

やっぱり!!

 

そして、そこから宿探しが始まりました。

 

麓にある宿舎へ

「素泊まりでいいので!!何とか!!」

 

「無理です!!」

 

「ですよね~!!」

 

「ほかの宿を紹介してください」

 

TEL

 

「どこも無理みたいで…」

 

パニック!!

 

 

あのときは絶望でしたね!!

 そんな中、ある方が「ちょっと、下の神社に聞いてみます!!」

 

そして、帰る寸前の代官さんを引き留め、宿泊許可をGET!!

あなたは、神ですか!?

 

 

無事に、屋根の下 眠ることのできる場所を確保!!

 

というか、よくよく考えると

 

人生初の山小屋泊が

 

神社泊に!!

 DSCN1999DSCN1998

 

まぁ、神社と言っても 神社内の一施設ですが…

 

 

 こんな体験があるから、ハプニングは面白い!!

 

 

 

そこから、始まるのは 

もちろん、天気祭り!

 

これ最上?山形?だけの言葉で

前日に、酒を飲んで 明日の天気を祈ろうというもの。

なんと愉快な!!

 

宴も盛り上がり、明日の天気を祈ったところで

ほろ酔いの中、みんなで眠りにつくのでした…

 

 

「明日は4時ですので~」

「それから、5時で道路が封鎖になるのでそれまでに出発します。」

 

そんな大事な伝言が、脳みその端をかすめていきました…

 

そう、こんな大事な伝言が…

 

しょうちゃん

しょうちゃん について

・名前:玉浦 翔平 (たまうら しょうへい) ・出身地:神戸 ・好きな言葉:「ワクワクする方へ行こう」

コメント停止中

投稿ナビゲーション