8月24、25、26日と3日間にわたって行われた「新庄祭り」。

24日の夜、新庄に宮本隊員と見に行ってきました。

圧倒的なスケールで、見る者を魅了する新庄まつり。
その歴史は古く、今から約250年前の江戸中期までさかのぼるのだそうです。

 

市内の町内会毎に作られる歴史絵巻などをテーマにした「山車」。

それをお囃子のあわせて市内を練り歩く祭り行列を見に、毎年、多くの観光客と帰省客で賑わうそうです。

 

駐車場が確保できないから、絶対、電車で行ったほうがいいよと言われながら、駐車場がないのを覚悟で18:00少し前に車で新庄入り。

まじで、駐車場がない....

ですが、運よく、よい場所を偶然ゲット 🙂

 

19:00から新庄の街中を練り歩く山車が見られるのですが、既にすごい人!

新庄はよく行きますが、こんな新庄見たことない....

1185654_407577626014706_559591739_n 

 

こんなに人がたくさんいては誰が誰かわからないかと思いましたが、最上町の方や知り合いにもたくさん会いました。 

 

すわって見る方々は、早い人はすでに朝から場所取り、昼には既にビニールシートで場所はとり尽くされているそうです。。。。。すげー 😯

 

いろいろな山車が全部で20台、新庄の街中を練り歩きます。 

座って見ることはできませんでしたが、結構、いいポジションを確保して20台すべて見れました。 

556352_407577982681337_732966206_n

 

1236092_407577782681357_520730587_n

 

写真 (10)

 山車とお囃子のあわせて練り歩く祭り行列を見ながら、宮本隊員と「祭りに出ている女性って、きれいだね~」なんて話をしていると、

 

ん?

ん?

ん?

 

Are you possibly Peter?

プログラム 10000000

 

山車の行列に加わっていたのは最上町教育委員会所属で最上町の小中学校で英語の教鞭をとっているピーターでした。

最上町在住なんですが。。。。ピーターもお祭り好きなんですね 😉

 

こちらでよく言われるのは、新庄祭りが終わると、最上もめっきり涼しくなると言われているそうです。

その通り、最近、朝、晩ではもう冷え込みすら感じられる最上町です。

 

 

 

てんさん

てんさん について

・(名前):鈴木 天民(スズキ テンミン) ・(出身地):福島県いわき市 ・(ニックネーム):名前の“天”をとって「てんさん」 ・(趣味):将棋(好きな人声をかけてください!)、映画鑑賞、スキー、パソコン自作(パーツを買ってきて組み立ててます)・ (好きな女性のタイプ) : ①思いやりのある人②ゆったりペースの人  ・(好きな女性の仕草) : 笑顔 (一言メッセージ):協力隊活動が終了するまでに最上町に持続可能なものを残し、自分自身も最上町から様々なものを学びたいです。その活動を通して活動終了後、自分で起業できるすべを見つけられれば、うれしいです。

コメント停止中

投稿ナビゲーション