4月に入り新年度も始まりました!

今年度も、最上町地域おこし協力隊をよろしくお願い致します。

 

先月末、地域おこし協力隊のメンバーで

山形県内の研修に行って来ました。

研修先やスケジュールも自分達で考えました。

 

目的は、町外の様々な取り組み、成功事例を聞くことで

今後の活動に生かすということ。

様々な人財に会い話を聞くだけでなく

今後のネットワークを構築したいと思いました。

 

ただ玉浦君は赤倉温泉スキー場の仕事で忙しく

今回の研修には行けませんでした・・・

玉浦君の分まで・・・・・・

 

1日目

 金山町

「森と町と人のミュージアム」という金山町全体を仮想博物館に見立てた地域に

 保存・伝承されている優れた環境・文化・芸術を紹介したホームページのお話を

 教育長みずからお話して頂き、廃校利用や町の景観づくりを案内してもらいました!

 

森と町と人のミュージアムホームページ

http://kaneyama-museum.jp/

RIMG0095

 

RIMG0099

商工会の事務所も蔵なんです!

 

RIMG0109

有名な大堰遊歩道 川には温かくなると鯉も泳いでいます

 

RIMG0114

蔵を利用したカフェやギャラリーもあり

芸術の発表・交流の場にもなっています。

最上町には、ギャラリーって少ないかもしれないですね。

 

RIMG0115

お昼は、おそば

地域住民の方のお話も添えて

RIMG0116

 

午後からは、廃校利用の現場を見せてもらいました。

金山町は廃校になってからの活用のスピードが速くてびっくり

RIMG0117

 

RIMG0118

 

RIMG0119

教育文化資料館では、学校関連のものが展示されていました。

 

はい!移動します!

 

 びゅ~ん!

 

肘折温泉

まずは肘折温泉街の活性化に積極的に取り組んでいる宿のご主人から

肘折温泉を案内してもらいました。

IMG_1459

 

IMG_1466

源泉が目で見れる源泉ドーム

 

IMG_1480

郵便局もレトロでいいですね

 

その後、雪上で行う「地面出し競争」

東北芸術工科大学と夏に行っている「ひじおりの灯」プロジェクト

などの活動を肘折青年団の方も交えながらお話しを聞くことが出来ました。

肘折温泉ホームページ

http://hijiori.jp/

 

最後は、肘折温泉の今後のキャッチフレーズについて考えたりしました 笑

 

まくら投げ・・せずに就寝。

 

二日目

一路、南へ

 

高畠町

ここでは、高畠町の商店街の取り組みを聞きに来ました。

ですが、事前に想像していたものとは違い

予定していた時間では全く足りませんでした。

RIMG0123

町の予算が少なくなる中で、商店街で独自に補助金や助成金を

呼び込み、イベントや景観づくりに生かしているのを見ると

自分達の活動も、補助金や助成金を使って行うことというのも

選択肢としてあるなと実感したのと同時に、地域の人にもそういった

情報やノウハウなどを伝えていくのも大事なことだと感じました。

RIMG0124

 

RIMG0127

 看板は木で作ってあり、お店に合った形になっています

 RIMG0135

 昭和レトロ

RIMG0136

 

後ろ髪ひかれながら・・・

次の目的地へ

 

 

米沢市 小野川温泉

予定していた時間から遅れてしまいました。

本当にすいませんでした!

 

小野川温泉では

温泉めぐり隊という一般の人に無料で泊まってもらい

ブログなどでPRしてもらうという取り組み

イベント(ほたるまつり・かまくら村など)も長期的に開催する

ことにより長い期間の誘客につなげたり露天風呂を共同で作ったりと

小野川温泉を好きになってもらいリピートしてもらうために

みんなが一緒に考えて行動しているというのが印象的でした。

 

1506411_531847713599599_2016189366_n

 

1947381_531847773599593_788182993_n

 

米沢市職員の方からは、地域の学生と一緒に活動することの大切さを

自分の経験を元に熱く語って頂きました!

 1959743_424014527735322_1556111236_n

 

今回の研修を通して感じたのは

それぞれの地域には、視察や研修に対応できるキーマンがいるということ。

そして、自分達の町は自分達の手でどうにかしないといけないという気概を

感じることが出来ました。

そしてなにより、自分達の住んでいる町が本当に好きだということ。

「こんないい所があるんだよ!」「この季節は、これが」という

発言は聞いていると楽しいし羨ましい。反面、普段自分は悪い所しか見ていないのでは?

と考えさせられました。

 

「雪がないと最上町はいいのに・・・」ではなく

「冬の最上町も楽しいんです!」と言ってもらえるようにしたい。

 

 

今回の出逢いを大切に・・・

今回、研修に関わって頂いたすべての方に感謝したいと思います。

ありがとうございました!!

そして、これからもよろしくお願い致します(^O^)

 

 

hiro

hiro について

名前:宮本 浩(みやもと ひろし) 年齢:28歳 出身地:宮城県仙台市 ニックネーム:ヒロ ①趣味:一人海外旅行・一人カラオケ ②特技:走ること ③好きな言葉: Simple is Best ④好きな女性のタイプ:見た目、内面が外国人のような女性 ⑤好きな女性のしぐさ:料理を作っているところ ⑥よく使う口説き文句:「あれ?会った事あるよね?」 ⑦メッセージ:最上町をみんなで盛り上げて、日本・世界に知られる町になるような お手伝いができればと思います!

2 Thoughts on “山形っておもしろい!

  1. 大塚 雄司 on 2014年4月3日 at 8:45 PM 発言:

    研修お疲れ様でした。

    この体験をこの最上町に活用して下さい。

    期待しています。(^^)

    余談ですが、先月末に山形県身体障害者スキー協会の練習会と
    滑り収めをしました。

    全国大会のPR効果だと思いますが、サポーター希望や大会参加
    を希望する人が数名ですが新加入しました。

    県内外に情報発信とおもてなしをして頂いた成果だと思います。

    この場をかりてお礼申しあげます。

    今後、色々な協力をお願いすると思いますが、宜しく
    お願い致します。

    • hiro hiro on 2014年4月4日 at 8:31 AM 発言:

      大塚さん
      サポーター希望や大会参加を希望する人がいたんですね!
      僕達がそこに少しでも関わっていたのかと思うと、嬉しいです。

      今後もいろいろな経験をさせて下さい!よろしくお願い致します(^O^)

投稿ナビゲーション