◆自己紹介

 

こんにちは、最上町地域おこし協力隊の阿部有希です。

 

最上町に引っ越して明日で1か月。

改めて自己紹介をしようと思います。

 

 

天童市出身、ひつじ年生まれです。

 

山形市内の高校、仙台の短大を卒業後、

山形県内で就職をして、カーディーラーで事務や販売、

空港での搭乗手続きや機内案内などのアテンダント、

製造業で総務や管理部門で仕事をしてきました。

 

30才の時に、リーマンショックのあおりを受けた

早期退職の応募に喜んで手を挙げ、

退職金で心機一転、仙台で働くことを決めました。

退社前の有休期間を利用して、

3週間単身タイに渡り、タイマッサージの学校に通い、

私はどこででも生きていける!と確信。

 

その後仙台市内に引っ越し、

タイとは関係のない会社に就職し、

会社とアパートの往復のみの忙しい毎日で、

国分町で飲む暇が全くない生活を送っていました。

 

そろそろ年齢のことが気になりだした32才、

お正月に「今年は婚活!」と宣言し、

翌月主人(あっきー)と運命的な出会いをすることになるのです。

 

 

ここまで長くなりましたので、

どうやって最上町に来ることになったのかは、

また明日(^^)

image1

 

 

 

阿部有希

阿部有希 について

はじめまして! 仙台で出会って結婚した最上町赤倉出身の主人から「地元で専業農家になりたい」と突然の告白を受け、希望を叶えるべく仙台市より移住してきました。 移住計画中に妊娠、私はこれから何をする…?と考えていたところ、地域おこし協力隊を知りました。 2016年1月1日より地域おこし協力隊となり、婚活指導を中心に活動しています。 ・名前:阿部有希(あべゆき) ・ニックネーム:ゆきちゃんと気軽に呼んでください ・出身地:山形県天童市、仙台は短大2年間と仕事で6年間住んでいました ・経歴:事務、営業、接客など。結婚後はセラピスト診断士として活動 ・これからの活動:この地区特有の奥手な男女を対象に、婚活イベント、婚活セミナー、マッチング(お見合い)を行います。特にアラフォー世代のお客様が多いです。 ・最上町について:身土不二。こんこんと湧き出る温泉に入り、ここで採れた新鮮な野菜を食べ心身ともに健康になれる、古き良き田舎の町です(^^)

コメント停止中

投稿ナビゲーション