◆自己紹介 その2(婚活~結婚編)

 

こんにちは、最上町地域おこし協力隊の阿部有希です。

 

昨日は、私の経歴などを書かせていただきました。

 

今日は婚活~結婚について、書きます。

 

年齢も気になりだした32才の時に

「今年は婚活をします!」とお正月に社内で宣言し、

いろんな人に結婚というキーワードを口にするように

なっていきました。

 

2月のある日、知り合いの結婚をお祝いしたり、

お見合い写真を撮りに行ったり、

さらに意識を高めたその次の日のことです。

知り合いのお見合いパーティーに行くことになっており、

人集めのサクラで参加したところ、運命の出会いが!!

 

その時の会話の一部です。

元自衛官なんです。 →はい、ムリ~

最上町出身です。  →はぁ?どこそれ~

26歳です(当時)。→年下、なし~

と私の好む条件にあてはまることが全然なくて、

その時は全く相手にしていなかったのですが、

1度2人で会ってみたら、素朴な田舎町の好青年だったんですよね~。

 

年齢を重ねれば重ねるほど、結婚への条件が増えていくので、

折れるポイントは、非常に難しかったのです。

最終的に選んだ絶対条件3つは、

・背が高い(177cm以上)

・マメ(電話とかメールとかしたいし)

・あごにほくろがある(食いっぱぐれないと言われる)

 

そんなこんなで付き合って半年で

結婚を前提に一緒に住むことを計画しました。

 

お互いの両親に会い、一緒に住む家を探すと話したところ、

翌月には親同士の顔合わせとなり、その席で入籍の話になり、

さらに結婚式は両親兄弟とハワイで挙げたい話まで、

あっという間にトントンと進んでいきました。

顔合わせから結婚式まで、こちらも半年でした。

 

入籍直後におじいちゃんが倒れ、元気になるならと、

急きょ親戚を集めて赤倉での披露宴を計画し、

披露宴1か月前に、予定していた旅館が倒産し、

湯澤屋さんに変更になったりという事件も起きました。

 

また親戚だけの披露宴と言っても、阿部家の人数がすごい!

総勢50名もの親戚が集まり、それはそれは立派な披露宴ができました。

おじいちゃんもそこに向かってリハビリを頑張ってくれたのです。

 

そして、湯澤屋さんのお部屋がとっても素敵!

和装でいろんなお部屋をお借りして写真を

撮らせてもらったのですが、こんな感じです。

(ほかにも写真が掲載された雑誌が、まじゃれ茶屋にあります♡)

IMG_0085

 

婚活は、ただ待っているだけでは王子様お姫様は

絶対に現れません。

自分から、幸せをつかみ取る姿勢が大事ですね!

これから婚活講座の時にはこんな話もしていきますね~(^^)

 

さて、明日は最上町に住むまでのお話しです。

 

阿部有希

阿部有希 について

はじめまして! 仙台で出会って結婚した最上町赤倉出身の主人から「地元で専業農家になりたい」と突然の告白を受け、希望を叶えるべく仙台市より移住してきました。 移住計画中に妊娠、私はこれから何をする…?と考えていたところ、地域おこし協力隊を知りました。 2016年1月1日より地域おこし協力隊となり、婚活指導を中心に活動しています。 ・名前:阿部有希(あべゆき) ・ニックネーム:ゆきちゃんと気軽に呼んでください ・出身地:山形県天童市、仙台は短大2年間と仕事で6年間住んでいました ・経歴:事務、営業、接客など。結婚後はセラピスト診断士として活動 ・これからの活動:この地区特有の奥手な男女を対象に、婚活イベント、婚活セミナー、マッチング(お見合い)を行います。特にアラフォー世代のお客様が多いです。 ・最上町について:身土不二。こんこんと湧き出る温泉に入り、ここで採れた新鮮な野菜を食べ心身ともに健康になれる、古き良き田舎の町です(^^)

コメント停止中

投稿ナビゲーション