◆土地のものを食べる

 

こんにちは、最上町地域おこし協力隊の阿部有希です。

 

昨日は会う人会う人、ブログ見てるよ!と言っていただき、

舞い上がった1日でした。

読んでいただき、ありがとうございます♡

 

さて、2/21(日)に開催される「大堀鍋祭り」の

実行委員会会議に参加してきました!

 

当初鍋祭りは、大堀地区のみで開催していたお祭りでしたが、

今では仙台の情報番組などに生出演して宣伝をするほど、

外部のお客様も楽しみにしてくれているイベントです!

 

当日私は司会ブースにてお手伝いをしていますので、

ぜひ多くの方々に来ていただき、地元の味を知っていただけたら

と思っています。

20160204091619_00001

 

 

昨日は、鍋祭りの打ち合わせ後、間に2つの打ち合わせを挟んで、

夜は大学の先生を囲んでの懇親会に参加させていただきました。

 

場所は、赤倉温泉みどりやさんにて、

赤倉温泉を活性するために、大学の先生、近隣の会社社長、

温泉の旦那さん、赤倉に住む役場職員など、

この地域にはなくてはならない重鎮が顔をそろえ、

熱く、中身の濃い話し合いが行われたのです。

 

IMG_7319

 

私達夫婦の話も真剣に聞き、お酒の力も加わった皆さんから

たくさんの意見をいただくことが出来ました。

 

その中で、「地産地消に代わる言葉を探している」と

先生にぶつけてみたところ、素敵な言葉をいただきました!

 

身土不二(しんどふじ)

 

昔から使われている言葉だそうですが、私は初めて聞きました。

意味は、人間の身体と土地は切り離せない関係にあるということで、

その土地でその季節にとれたものを食べるのが健康に良い、

という考え方だそうです。

 

先生が、不二を「二つとない」と解説くださったのが印象的でした。

ネットで意味を調べてみると、仏教的な要素も含まれているようで、

なるほど、納得!です。

 

その土地の伝統的な食事、その土地で作られた農産物をその土地の人が

食べる、それが一番の健康なのですね!

私はこれから、こちらの言葉を使っていこうと思います。

 

 

話は前後してしまいますが、鍋祭りの打ち合わせでは、

終了時間がお昼だったので、「たべてって~!」と

炊き込みご飯とタケノコ汁を作って出してくださったのです。

 

それこそ、余計なものが入らない土地のものが満載の味で

身土不二。おいしすぎて驚きました。

 

IMG_7317

 

IMG_7318

 

家にいただいて帰り、離乳食の娘にもおつゆをおすそ分け。

おいしすぎて、舌が追いかけてくるというのでしょうか・・・

もっともっと、とねだられました。

 

image1 (11)

 

鍋祭り、今後赤倉温泉の土地でできる食材、

どちらも大注目ですよ!!!

 

阿部有希

阿部有希 について

はじめまして! 仙台で出会って結婚した最上町赤倉出身の主人から「地元で専業農家になりたい」と突然の告白を受け、希望を叶えるべく仙台市より移住してきました。 移住計画中に妊娠、私はこれから何をする…?と考えていたところ、地域おこし協力隊を知りました。 2016年1月1日より地域おこし協力隊となり、婚活指導を中心に活動しています。 ・名前:阿部有希(あべゆき) ・ニックネーム:ゆきちゃんと気軽に呼んでください ・出身地:山形県天童市、仙台は短大2年間と仕事で6年間住んでいました ・経歴:事務、営業、接客など。結婚後はセラピスト診断士として活動 ・これからの活動:この地区特有の奥手な男女を対象に、婚活イベント、婚活セミナー、マッチング(お見合い)を行います。特にアラフォー世代のお客様が多いです。 ・最上町について:身土不二。こんこんと湧き出る温泉に入り、ここで採れた新鮮な野菜を食べ心身ともに健康になれる、古き良き田舎の町です(^^)

コメント停止中

投稿ナビゲーション