よくしゃべり方をまねされます、しらたです。

本日の最上町。

傘なくてもいけるべ!と家を出たことをちょっとだけ後悔するような、微妙~な雨が降っていますね。

 

前回の投稿では、好きなことについての話は自粛しましたが、

これからちょっとずつ語っていこうと思います。

聞かれてなくても語っちゃう!熱意の一方通行ばんざい!(^O^)

 

 

はい。好きなこと。

まず食べることですね、これは譲れない。

大学では、みんなに痩せろと言われ、自分でも痩せると言い続けた4年間を過ごしました。

実は最上町のお母さん方からも、すでにたくさんの漬け物やお惣菜をいただき、

今年こそは痩せるという決意は一瞬で散りました。笑

冷蔵庫を開けるたびに目に入る漬け物各種!おお~。

おいしくいただいております。ありがとうございます。

東京で4年間一人暮らしをしましたが、よく考えてみるとお料理で山形県民感を出せたことなかったな。

芋煮とか漬け物とか笹巻とかゆべしとか。教えてくださる方募集中です。

 

 

はい、好きなことその2。

キャンプです!本格的な道具とかは持ってないけど寝袋しか持ってないけど!

子どもとキャンプしたり、大人の人たちとキャンプしたり。

川遊びとか工作とかキャンプファイヤーとか、いつもできないことをのびのびできるって本当に楽しいですよね。

しかーし、キャンプの楽しいところはそれだけではありません。

 

みんなでごはんを作って食べる。寝袋を並べてみんなで寝る。

食べたり寝たりは日常的な普通のことだけど、自分以外の誰かとするというところがポイントですね。

気づけばみんなが家族みたいになっていることが、キャンプの魅力ランキング第一位でしょうか。

(4月8日しらた調べ。)

 

 

 

でも子どもたちとキャンプすると、非常に大人げなくなってしまうのですよね私は。

そうですね、同レベル。スキー場でも知らない子どもと本気で雪合戦しちゃったし…(笑)

許される限り子どもと大人のはざまにいたい(どーん)

これだからゆとりは…って言われちゃうかな?笑

 

最上でも、良い意味で子どもと大人のはざまにいる存在になりたいな、なんて思っています。

はっ。なかなかに長文になっている!予想どおり熱くなってしまった。

 

それではまた更新します~(^^)/

白田 唯

白田 唯 について

山辺町作谷沢出身。最上町では、自然の恵みと暮らしの知恵に感動しっぱなし。「暮らしをつくる」ことを勉強&実践しながら、もがみの魅力を発信していきます!よろしくお願いします。

コメント停止中

投稿ナビゲーション