はいっと!最近料理熱が再燃してきている松田です。これはいつぶりなのか?

 

関東に住んでいる頃は自分で畑をしたり、糠床を作ってみたり、常備菜を作ってみたりと割と料理に携わる機会がありました。1人暮らしだったこともあるのでしょう。

 

しかーし!実家に帰省してからは料理は祖母に、洗濯は母に業務委託しているかたちです。「俺は仕事に精を出しているんだぜ?」という印籠を楯に家族に甘えっぱなしで料理から遠ざかっている。。。

 

これではいけない!というか仕事で料理する機会が多くなってきた!ということで、改めて栄養と食の勉強を再開した次第なのです。最上黄門様状態を脱する良い機会です。

 

ということで、たらふく工房さんの勉強会に便乗し、今回も新庄市にある「さらしなそば」亭主の高橋講師による料理講習会に参加してきました。

 

今回は前置きが長い!以下中継です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

IMG_7258

▲今回は天丼・白酢和え・大根汁の三品です。スタート!

 

IMG_7257 IMG_7259

▲材料に万遍なく火が通るような切り方。茄子の綿を切り落とすのは意外でした。

 

IMG_7262

▲こちら「白”酢”和え」の衣づくり。白和えは聞いたことがありましたが、酢を入れて白酢和えになるとは初めて聞きました。酢を入れることで3日は持つようになるのだとか。また、酢は穀物酢でなく、リンゴ酢をいれることで丸い酸味に。これぞ工夫、感嘆です。

 

IMG_7264

▲以前天ぷらの講習を受けた皆さん。お手の物です。

 

IMG_7270

▲こちらが今回のメニュー。天丼にしても白酢和えにしても立体的な盛付がミソな様子。味は無論おいしかったです。タレが良いねタレが。衣もサクサクですし。あっという間に完食です。

IMG_7269

▲皆さん夢中の図

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ふう、寝る前までお腹が空かないくらい食べてしまいました。(笑)

毎回感心することで当たり前の事なのですが、調理は工夫次第でおいしくなる!この先人が築いてきた工夫を会得するために、職人さんたちは何年も熟練を重ねるのだと思うと頭が下がります。

今回も高橋講師、ありがとうございました!

 

「天丼」!!!農家レストランのメニューに加わる。。。かも?

お楽しみに!ではでは(^^)

松田清也

松田清也 について

大学進学から約10年を関東で過ごし、2015年春に帰郷しました。管理栄養士としての経験も活かしつつ、町の方々に学びながら頑張ります。よろしくお願いします!

2 Thoughts on “【第21話】天丼マスターへの道

  1. 木村 絵美子 on 2016年5月14日 at 9:07 AM 発言:

    毎回レポート楽しみにしています。食材の美味しい最上町で黄門様生活とは
    本当にうらやましいですね(笑)。
    天丼もまたおいしそうですね・・・。最上町は野菜がおいしいから
    きっといいものができると思いますよ。アスパラを活用出来る点も
    良い選択であると思います。がんばってください。

    • 松田清也 松田清也 on 2016年5月18日 at 8:42 AM 発言:

      木村様
       いつもコメントありがとうございます(^^) ご返信遅くなり申し訳ございませんでした。黄門様生活ができる環境に非常に感謝しておりますが、たびたび怒られています笑 その通りでして、最上町の野菜は非常においしいです。農家レストランのための改修工事を目の前に、てんやわんやですが、こうして応援を頂きながらがんばっていきます!ありがとうございます(^^)

投稿ナビゲーション