はいっとぅ vol.2(^O^)

 

本日は連投でございます。梅雨もあけるのかと思いきや雨の最上町。ムシムシしますが、山にかかる雲海は美しいです、松田です。

 

昨日、久しぶりに最上総合支庁の方々が、たらふく工房満沢の応援・指導に来町されました。「たらふく工房満沢さんのメニューの完成度を見たい。」といったハードルの高い要望に、たらふく会員さんはやや緊張の面持ち。

 

しかし、最後の講評では。。。!以下中継です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

IMG_7866

▲今回はメニュー打合せからスタート。このたび提供する昼食は、その名も『たらふくそば御膳「夏」』です。夏らしさ、そして何よりたらふくさんらしさを出すためにはどうするか、苦心を重ねたメニュー構成になりました。

 

IMG_7868

▲まずは食材の下ごしらえから。このたびのメニューはあたたかく提供したいメニューが多く、後半がややてんやわんやでした。

 

IMG_7870

▲たらふく工房満沢の代表、菅安子さんの旦那さん、誠さんもそば打ちで応援にかけつけます。こうして手打ちそばを提供できるのも誠さんのおかげですが、ゆくゆくは自立的に提供しなければなりません!学びは終わりませんな。誠さんいつもありがとうございます!

 

IMG_7874

▲後半のてんやわんやで過程の写真があまり撮れず、、、すいません。最上総合支庁の職員の方々を含め、11食分をご用意。

 

IMG_7875

▲たらふく御膳「夏」のメニューになります。

左から時計回りに、手打ちそば・新じゃがの煮っころがし・水ようかん・アスパラのグリル・天ぷら・夏和え・ささげのピーナッツ和え・茄子漬、です。

奥に見えますのが、きゅうりのしそ巻、アスパラの1本漬け、きゅうりの1本漬け、これらはサービスのお品です。たらふくさんらしさをどこで出してゆくのか、を考えたときに、母ちゃん方の漬物をサービスすることにしました。講評のときにも褒めて頂けた点でした。

 

IMG_7876

▲食後は講評。。。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

このたびは売上の内訳まで詳しく聞かれました。

「原価・人件費・光熱費・積立・消耗品・営業利益」などをどう考えたか、など聞かれましたが、それら質問に対してもしっかりと応対できました。

 

課題としては、やや原価がかかるもの等があったことや、現地の食材の使用率をあげること、ごはんのときはどういったおかずになるのか?などが挙がりましたが、なんと最上総合支庁の方々に、

 

「夏の御膳は完成に近づいていると思う」

 

という高評価(といって過言でないと思う)を頂くことができました!

 

油断は禁物ですが、まずは素直に喜ばしいことと思います。たらふく工房満沢のみなさん、まずはお疲れ様でございました。

 

そして、課題の一つであるそば打ちを習得するべく、明日はそば打ち講習会があります。その他今後は学びが中心となると思いますが、またその都度ご報告して参りたいと思います!

 

では(^O^) S

松田清也

松田清也 について

大学進学から約10年を関東で過ごし、2015年春に帰郷しました。管理栄養士としての経験も活かしつつ、町の方々に学びながら頑張ります。よろしくお願いします!

2 Thoughts on “【第25話】たらふく御膳「夏」の評価やいかに

  1. 木村絵美子 on 2016年7月14日 at 6:25 PM 発言:

    松田様
    いつも楽しく読ませていただいております。夏御膳の完成度が高いと
    お褒めのお言葉をいただいたこと、素晴らしいですね。皆様が今までの
    努力の結晶であると思います。夏はやはり、おそばいいですね!
    田舎の素朴さと斬新なアスパラ料理がいいコラボをしていると思います。
    今後の展開を楽しみにしております。

    • 松田清也 松田清也 on 2016年7月19日 at 9:20 AM 発言:

      木村様
       こちらこそいつもコメントありがたく思っております。このたびはさすがにお母さん方もやや安堵した様子でした。まさにお母さん方の努力が報われた形だと思います。そばも手打ちそばで最高ですし、このたびの御膳は原価も味も良好でした。木村様にこうしてお褒めの言葉を頂けるのも嬉しいです。頑張ります!ありがとうございます(^^)

投稿ナビゲーション