活動のご報告【あべゆきの10月】 | 最上町地域おこし協力隊Blog

◆活動のご報告【あべゆきの10月】

 

こんにちは、最上町地域おこし協力隊の阿部有希です。

 

1年の中で婚活が忙しくなる季節をご存知ですか?

 

8月にお盆で帰省したり、親戚が集まると必ず話題に上がるのは結婚のこと。

「まだ結婚すねんだが~?」と言われるたびに少しずつ婚活している人たちの心が閉ざされていきます。20代まではそんなことなかったのに30歳を超えていくと、少しずつ少しずつその言葉に傷付いていくのです。

さらに、だんだん寒くなり人恋しくなっていく冬は、恋人のイベントも多く、クリスマス・お正月・バレンタインと1人で過ごすには心がさみしい季節なのです。

 

ということで、結婚活動(=婚活)が忙しくなる季節は冬なのです。

 

 

今振り返ると、9月以降の週末はだいたい仕事をしていました。私の体にも心にも大きな変化があったのも9月10月でしたね~。

10月にどんなことがあったのかというと、出会いのきっかけにはやっぱり婚活イベントも大切!

ということで最上町主催で陶芸婚活が開催されました。4:4のメンバーで町内、郡内、東根、山形市からもお越しくださいまして、レストランで食事をした後に陶芸を楽しむという内容でした。陶芸をきっかけに出会いを見つけるというコンセプトでしたので、カップリングもしませんでしたが、自然と将来の夢や自分の仕事について話している姿を見ると、「みんな、がんばれ~!!!」と心から応援していました。

 

    

 

町内で開催する婚活イベントには町内の知り合いに会いたくないと言って参加しない方が多くいるそうですが、このイベントは町内は2名のみ。女性は全員町外の方でした。

この冬、雪がとても多いので実感したのですが、最上町をはじめとする最上郡の方々って、外に出ることがとてもおっくうな環境にいるのだと思います。だからどうしても狭い範囲で物事を見がちで、町で開催するイベントには「町内の人が来るから嫌だ」という固定観念があるんじゃないかな。

町内の人しか来ないこともあるかもしれないですけど、町外の人もいるかもしれません。また、町内の人でも似ている環境で育っているので、共通の話題があったりして案外合うということも考えられます。

「チャンスはどこにでもある」ということをぜひ知ってほしいな!

 

 

 

10月は個人的には悲しい出来事もありましたが、大きな仕事がたくさん舞い込んできて悲しい反面ウキウキする気持もありました。世の中では衆議院選挙があったりと、日本も変わった時期なのではないかな、と思います。

 

そして次回、11月は最も忙しかった月でした。

またご報告させていただきますね^^お読みいただきましてありがとうございました。

阿部有希

阿部有希 について

はじめまして! 仙台で出会って結婚した最上町赤倉出身の主人から「地元で専業農家になりたい」と突然の告白を受け、希望を叶えるべく仙台市より移住してきました。 移住計画中に妊娠、私はこれから何をする…?と考えていたところ、地域おこし協力隊を知りました。 2016年1月1日より地域おこし協力隊となり、婚活指導を中心に活動しています。 ・名前:阿部有希(あべゆき) ・ニックネーム:ゆきちゃんと気軽に呼んでください ・出身地:山形県天童市、仙台は短大2年間と仕事で6年間住んでいました ・経歴:事務、営業、接客など。結婚後はセラピスト診断士として活動 ・これからの活動:この地区特有の奥手な男女を対象に、婚活イベント、婚活セミナー、マッチング(お見合い)を行います。特にアラフォー世代のお客様が多いです。 ・最上町について:身土不二。こんこんと湧き出る温泉に入り、ここで採れた新鮮な野菜を食べ心身ともに健康になれる、古き良き田舎の町です(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

投稿ナビゲーション