こんにちは!山﨑香菜子です。

6月末より、最上町に住む人に、より最上町に愛着をもっていただくためのツールとして、
「小報(しょうほう)もがみ」という情報誌を発行しています。

最上町の情報を外へ発信することも大切なのですが、私はまず住んでいる方が「最上町を誇れること」が一番大切だと考えています。

よく「うちの町には何もない」という声を聞くのですが、その「何」はおそらく娯楽施設や、華やかな観光地、飛び抜けた特産品、美しい景観、便利なショッピングモール、などのことを指しているのかなぁ?
確かに観光地としては目立ったものも少なく、温泉街もこじんまりとしていますが、よく考えてみてください。

・町内に温泉が3箇所も湧いている

・採りたての野菜が食べられる

・お水が美味しい

・スキーも登山もできる

これだけでも十分価値のあることだと私は思います。

それ以外にもたくさんある魅力が表に出ていないだけ。

豊かな暮らしに必要なものが全て揃っていて、足りないものを強いて言えば、町の人が町を好きだと思う気持ち。

もちろん、好きでここに住んでいる方もたくさんいるので、もがみの暮らし名人たちにもスポットを当てていきたいです。

ただ良い事を書くだけではなく、取材を通して見えてきた町の課題も町民のみなさんと共有して、これから先の未来をどう描いていくかを考えていきたいです。

私もまだまだ知らないことばかりですので、「この人面白いよ!」とか「こんな歴史があるんだよ〜」とか教えていただけましたら幸いです!  

山﨑 香菜子

山﨑 香菜子 について

名前:山﨑香菜子 出身地:宮城県白石市 出身大学:多摩美術大学造形表現学部デザイン学科 おいしいお米と新鮮な野菜と日本酒、人とのつながり、大自然…私が追い求めていた理想郷が、最上町にありました! 脈々と受け継がれてきた最上町の生きるための技や知恵に学びながら、 最上町の素晴らしさを広く伝えていく仕事を創っていきたいと思っています^^ よろしくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

投稿ナビゲーション