◆自己紹介その3(最上町へ)

 

こんにちは、最上町地域おこし協力隊の阿部有希です。

 

〇自己紹介その1(経歴)

〇自己紹介その2(婚活~結婚編)

今日は、最上町へ来るまでのお話しです。

 

いつの日か、お父さんやお母さんが少し弱ってきたら、

最上町に来ることになるだろうという覚悟はありました。

 

結婚式でも、

「遠くない未来には最上町に戻ります」

と宣言していたのです。

 

結婚と同時に専業主婦となり、仙台で出会う主婦たちは、

みんな資格を持っていて、その人たちが口をそろえて言う

『サロンを開きたいけど、何をしたらいいかわからない』

が、商売になる!と考えて、勉強を始めました。

そして、サロンを開きたい主婦を対象に、

イベントや講座などを開催し、今の活動に至ります。

 

また、その活動の中で知り合った阿部恵理子先生の

婚活塾のサポーターとなり、同時に婚活についても

勉強を始めていきました。

 

 

そうやって私が勉強をしている姿に影響されたのか、

「俺さ~、農業やりたいってずっと思っていたんだよね」

と告白されたので、

「ただの農家じゃなくて、会社にして社長になるならいいよ」と

軽く流すように、答えました。

 

まさかこんなに早く来ることになるとは!!

思ってもいないことが起こるもんなんですね~

 

 

そのきっかけとなった出来事があります。

 

2014年6月、私は友人とドライブをしながら

最上町に遊びに来たのですが、そこから急に

最上町への移住へ気持ちが動きました。

 

その日、観光課で町内を案内してくださったのですが、

「田舎だ」とばかり思っていた最上町には、

素敵な自然遺産がたくさんあり、こんなところで

農業をしたり、子育てをしたり、私らしい仕事のやり方で

起業できたらいいのに・・と考えるようになりました。

 

 

その9月に妊娠が分かってからは、

出産後の生活について、より深く考えてみたり、

一緒にドライブに来た阿部恵理子先生の婚活講座が町で開催されたり、

最上町にちょくちょく来る機会が増えていきました。

 

その頃から、近所の議員さんや家族と

将来についても、たくさん話すようになっていきました。

 

 

翌5月に子どもが生まれてから、

自然の中で、昔ながらの、人に囲まれて子育てがしたい、

という気持ちが強くなり、ついに移住を決意したのです。

 

 

移住に向け、赤倉の家の片づけをしていたところ、

小学5年生に書いた赤倉小学校の文集に

「農業をやりたい」と書かれている文章を発見!

 

本人も書いたことを覚えていなかったそうですが、

子どものころから思っていたんだな~とさらに

この土地で生活する気持ちが強くなりました。

 

役場や議員さんと何度も打合せし、私は協力隊になり、

主人は農家に向けて準備を始めることになり、

昨年12月末に引っ越してきました。

 

 

最上町に住んでみて、まず思うことは

仙台より、のどかだな~と感じます。

人も時間も、とてもゆっくり過ぎていくような気がします。

 

物足りなさも感じますが、

これから私らしく行けるように楽しむのみです!!

 

 

今年も、この黄金色の季節が楽しみです(^^)

 

IMG_7228

阿部有希

阿部有希 について

はじめまして! 仙台で出会って結婚した最上町赤倉出身の主人から「地元で専業農家になりたい」と突然の告白を受け、希望を叶えるべく仙台市より移住してきました。 移住計画中に妊娠、私はこれから何をする…?と考えていたところ、地域おこし協力隊を知りました。 2016年1月1日より地域おこし協力隊となり、婚活指導を中心に活動しています。 ・名前:阿部有希(あべゆき) ・ニックネーム:ゆきちゃんと気軽に呼んでください ・出身地:山形県天童市、仙台は短大2年間と仕事で6年間住んでいました ・経歴:事務、営業、接客など。結婚後はセラピスト診断士として活動 ・これからの活動:この地区特有の奥手な男女を対象に、婚活イベント、婚活セミナー、マッチング(お見合い)を行います。特にアラフォー世代のお客様が多いです。 ・最上町について:身土不二。こんこんと湧き出る温泉に入り、ここで採れた新鮮な野菜を食べ心身ともに健康になれる、古き良き田舎の町です(^^)

コメント停止中

投稿ナビゲーション