◆想いを繋ぐ200キロの恋の道

 

こんにちは、最上町地域おこし協力隊の阿部有希です。

 

1月1日に地域おこし協力隊に就任してから、10カ月目を迎えました。

コウノトリさんが赤ちゃんを運んでいれば、もう生まれてくるくらいの月日がたったのですね。

1年とは早く過ぎますね・・・・

 

さて、話は変わり明日なんですが、こ~んなお堅いイメージの会議に出席します。

koukikaku

 

しかも!

この中でお話しをする機会をいただきました!

koukikaku2

 

この原稿を作るために、昨日は仙台にいたのですが、最上町と仙台って往復ちょうど200キロなんですよね。

その「200キロ」にどんな想いを込めて、私が移住したのか、これからどうなっていきたいのかなど、婚活や東日本大震災の時の話を混ぜながら、スピーチしてきます。

koukikaku4

余談ですが。仙台まで行くときっていつも下道で2時間以上かかってしまうのですが、昨日の帰りは真夜中になってしまいまして。その時間って国道とはいえほとんど車がいなくて、下道だったとしても1時間そこそこで仙台から帰ることができました。

原稿を書いたおかげか、暗い、長い、静かな道路、、、ちょっとだけ震災を思い出してドキッとしました。

 

 

今日は、その原稿を見ながら、私の事務所(旧満沢小学校・らいず・Le lapin)併設の体育館で、マイクの練習です。

はい、自撮り~

koukikaku3

 

自分の好きな時間に、こんな大きなホールで自由に練習できてしまう有難さ・・・

婚活の恵理子先生にも「うらやましい環境」と言われてきたばかりです。
さらに「1000人の前でスピーチするのに10年かかった」と言う話をきいたばかりだったので、たった半年そこそこの私が300名を超える方の前で話す機会をいただいたことに驚いてドキドキ、ワクワクです。

 

地域おこし協力隊とは、小さいお仕事からこんな大きなお仕事まで、普段は体験できないことをできてしまう、不思議で面白い職業ですね~!

 

明日は頑張ってきます!!!

 

阿部有希

阿部有希 について

はじめまして! 仙台で出会って結婚した最上町赤倉出身の主人から「地元で専業農家になりたい」と突然の告白を受け、希望を叶えるべく仙台市より移住してきました。 移住計画中に妊娠、私はこれから何をする…?と考えていたところ、地域おこし協力隊を知りました。 2016年1月1日より地域おこし協力隊となり、婚活指導を中心に活動しています。 ・名前:阿部有希(あべゆき) ・ニックネーム:ゆきちゃんと気軽に呼んでください ・出身地:山形県天童市、仙台は短大2年間と仕事で6年間住んでいました ・経歴:事務、営業、接客など。結婚後はセラピスト診断士として活動 ・これからの活動:この地区特有の奥手な男女を対象に、婚活イベント、婚活セミナー、マッチング(お見合い)を行います。特にアラフォー世代のお客様が多いです。 ・最上町について:身土不二。こんこんと湧き出る温泉に入り、ここで採れた新鮮な野菜を食べ心身ともに健康になれる、古き良き田舎の町です(^^)

コメント停止中

投稿ナビゲーション